旅行業登録申請

旅行業登録の有効期間は5年!更新・変更手続き

更新日:

旅行業の登録の有効期間は登録日から起算して5年の有効期間となります。

(旅行業者代理業の登録については有効期間の定めはありません)

旅行業者の登録有効期間

旅行業の登録は一度登録したからといって無期限に継続するわけではありません。

また、新規登録時に登録拒否の自由に該当しなかったとしても、営業を続ける間に該当するケースもありますので都度確認しておきましょう。

更新登録手続き

旅行業の登録の有効期間5年が満了した後も引き続き旅行業を営もうとする場合は、更新の登録を申請しなければなりません。この更新登録は有効期間満了日の2カ月前までに登録行政庁に対して申請が必要です。

更新登録の通知が遅れた場合・・

更新登録の申請をしたのに、登録行政庁での手続き遅れで有効期間満了日までに更新登録の通知が届かない場合もあります。

そんな時は更新登録の可否の通知が届くまでの期間は従前の(これまでの)登録の効力を友好とし引き続き営業を行う事ができます。

※この場合でも更新(新たな登録)の有効期間は、従前の登録の有効期間の満了日の翌日から起算しますので注意です。

変更登録について

登録事項に変更が生じた場合は、その都度登録行政庁へ申請・届出を行わなければなりません。

内容が登録業務範囲の場合とそれ以外の登録事項の変更の場合によって取扱いが異なります。

旅行業登録更新

【変更登録の申請】

旅行業者が「登録業務範囲」を変更する場合は、変更登録を受けなければなりません。

例えばですが、「登録業務を変更する」とは第3種の旅行業登録を受けている旅行業者が新たに国内の募集旅行を企画するため第2種へ変更を希望する場合などが該当します。

この場合には、登録行政庁の審査の後、登録が認められ、さらに営業保証金の追加供託をしてその届け出をするまでは変更後の業務は行えません。

旅行業登録変更

※「旅行業から旅行業代理業への変更」、「旅行代理業から旅行業への変更」は含まれません。

これらの場合は、新たに登録をし直すこととなります。

登録事項の変更の届出期間

旅行業者の登録事項に変更が生じた場合は、変更が生じた日から30日以内に登録行政庁に対して登録事項の変更の届出をしなければなりません。

①旅行業者等の氏名(名称)、住所、法人の場合は代表者の氏名

②主たる営業所及びその他の営業所の名称や所在地

③事業の経営上使用する商号(商号がある者のみ)

④旅行業者の場合、自社を代理させている旅行業者代理業の氏名、名称および住所、旅行業務を取り扱う営業所の名称及び所在地。

届出先は変更後の所在地管轄行政庁

変更の届出先に関しては変更後の主たる営業所の所在地を管轄する行政庁となります。

例えば、第2種旅行業者、第3種旅行業者、地域限定旅行業者、旅行業者代理業者が主たる営業所の所在地(千葉県)を別の都道府県(神奈川県)に変更する場合は、変更後30日以内に神奈川県知事に届出書を提出することとなります。

旅行業者代理業が所属旅行業者を変更する場合

旅行業者代理業は、所属旅行会社を1社に定めるルールがありました(1社専属性)なので所属旅行会社を変更する場合は、登録事項の変更の対象とはならず、新たな旅行業者を所属旅行業者とする新規登録申請が必要です。

なお、旅行代理業者が所属旅行会社を変更すると、従前の旅行業者代理業の登録は失効するからです。

事業の廃止・登録抹消について

事業の廃止

①旅行業者が事業を廃止または全部を譲渡または分割により事業の全部を承継させた場合
⇒その事由が発生した日から30日以内に事業廃止届出書を提出

②法人登録をしている旅行業者などが合併により消滅した場合
⇒その事由が発生した日から30日以内に業務を執行する役員であった者が法人消滅届出書を提出。

③個人登録の旅行業者が死亡した場合
⇒相続人が死亡を知った日から30日以内に旅行業者等死亡届出書を提出。

登録行政庁からの業務停止・登録の取り消し
登録行政庁は6か月以内の期間を定め業務(全部もしくは一部)の停止を命じまた登録の取り消しをすることができます。

・旅行業法違反もしくは旅行業法に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したとき

・不正な手段により(新規・更新・変更)登録を受けたとき

・登録拒否自由に該当したときや登録時に拒否自由に該当していたことが判明したとき

登録の取消しができる事由

旅行業者等が登録をうけてから1年以内に事業を開始せず、引き続き1年以上事業を行っていないと認められるとき登録行政庁は登録を取り消すことができます。

旅行業者代理業の登録の執行

旅行業者代理業の登録には有効期間はありません。

しかし以下の場合には登録はと登録は自動で失効します。

①所属旅行業者との契約が効力を失った場合

②所属旅行業者の旅行業登録が抹消された場合

上記の場合は、新たに別の旅行業者と新しい業務委託契約を締結し、新規に登録行政庁の登録を受ける必要があります。

旅行業登録の有効期間

旅行業登録の有効期間は5年間と定められております。

有効期限の2か月前までが更新期限となりますので、忘れずに更新手続きをしましょう。

また更新時には基準資産額を満たしているか再度確認が必要です。
万が一満たしていない場合は、増資などの対策を講じることで更新できる場合もございますので専門家に対策をすることをおススメ致します。

旅行業登録からビジネス成功までをトータルサポート致します!!

トラスト行政書士事務所は一生涯のビジネスパートナーを目指しております。 旅行業の登録をした後が本当の勝負です! 旅行業登録は勿論の事、登録後も継続サポートさせていただきます。

先着5名様限定 キャンペーン

今だけ! お得に旅行業登録代行ができる大チャンス!!

 旅行業登録代行キャンペーン

旅行業登録料金図

旅行業の更新も安心 会計サービス

旅行業専門の行政書士が会計記帳を行う新サービス~! 旅行業の更新も安心!
格安決算

トラスト行政書士事務所では、LINE@で旅行業登録に関する相談ができます

トラスト行政書士事務所では、LINE@をつかって、無料で旅行業登録に関する相談が可能です。 下記からQRコードを読み取って、友達申請して、ご相談ください。 友だち追加

旅行業専門のトラスト行政書士事務所

旅行業登録に特化しているからこその関係各所への繋がりも多く、これまで弊所へご依頼いただいたお客様の営業開始率は100%です。 またお客さまのニーズに応じて新たなビジネスチャンスのご提案も好評をいただいております。 お気軽にお問い合わせください。

-旅行業登録申請
-,

Copyright© 旅行業登録の教科書 , 2021 All Rights Reserved.