旅行業登録申請

旅行業の営業所には「料金」の提示が必要

更新日:

旅行業者は、事業を開始前する前までに、旅行者から収受する「旅行業務の取扱い料金」(企画旅行係る者を除く)を定め、これを営業所において旅行者に見やすいように提示しなければなりません。

変更する場合も同様です。

旅行業の営業所には「料金」の提示が必要です。

旅行業務取扱料金とは!?

旅行業務の取扱い料金とは、「手配旅行」「渡航手続き」「旅行相談」などの旅行業務を行った場合に旅行業者が旅行者から収受する対価の金額のことをいいます。

企画旅行(募集型)(受注型)についてはあらかじめ料金に相当する報酬部分が旅行代金に含まれていると解される為、別途旅行業務の取扱い料金を定める必要はありません

料金の設定

こ旅行業務の取り扱い料金は旅行業者が自由にその金額を設定できますが、国土交通省令により料金が契約の種類及び内容に応じ定率・定額その他の方法により定められ旅行者にとって明確であることが求められます。

これらの基準に従い事業開始前に料金設定をしましょう。なお料金の設定や変更については登録行政庁への事前届け出、認可などは一切不要です。

参考 定率とは、例えば「旅行代金の5%」、定額とは例えば「1件数500円」という定め方をすることです。

旅行代理業者の営業所における料金の提示

旅行業者代理業者は所属旅行業者が定めた料金を営業所に提示します。

旅行業者代理業者自身が自ら料金を決めることはできませんので注意してください。

旅行業の営業所には「料金」まとめ

旅行会社は営業を始める前までに旅行業務取扱料金を定めて見やすい場所に提示しておきましょう。

旅行業者代理業は所属旅行会社が定めた料金を営業所に提示しましょう。

旅行業の営業所には「料金」の提示が必要です。

旅行者保護の観点から定められた事項です。

旅行業登録からビジネス成功までをトータルサポート致します!!

トラスト行政書士事務所は一生涯のビジネスパートナーを目指しております。 旅行業の登録をした後が本当の勝負です! 旅行業登録は勿論の事、登録後も継続サポートさせていただきます。

先着5名様限定 キャンペーン

今だけ! お得に旅行業登録代行ができる大チャンス!!

 旅行業登録代行キャンペーン

旅行業登録料金図

旅行業の更新も安心 会計サービス

旅行業専門の行政書士が会計記帳を行う新サービス~! 旅行業の更新も安心!
格安決算

トラスト行政書士事務所では、LINE@で旅行業登録に関する相談ができます

トラスト行政書士事務所では、LINE@をつかって、無料で旅行業登録に関する相談が可能です。 下記からQRコードを読み取って、友達申請して、ご相談ください。 友だち追加

旅行業専門のトラスト行政書士事務所

旅行業登録に特化しているからこその関係各所への繋がりも多く、これまで弊所へご依頼いただいたお客様の営業開始率は100%です。 またお客さまのニーズに応じて新たなビジネスチャンスのご提案も好評をいただいております。 お気軽にお問い合わせください。

-旅行業登録申請
-,

Copyright© 旅行業登録の教科書 , 2021 All Rights Reserved.